複合機をリースするメリットとデメリット

複合機にはコピー、プリンター、ファックス、スキャナーなどの機能があり、通常個別に用意をしなければならないものを1台ですべての機能が使えるなどのメリットがあります。1台で全機能が使えるメリットは設置スペースが少なくなりますし、オフィス内がすっきりとした空間にもなるわけです。しかし、購入しようとした場合、銀行からの融資を受けなければ買う事が出来ない時など、融資審査に時間が掛かってしまい、欲しい時に導入が出来ないケースもあります。これに対し、リースの場合は一度にまとまった購入資金が不要で、月々一定の支払いを行えば導入が出来ます。他にもいろいろなメリットがありますが、その反面総額が高くなる、原則として中途解約が出来ない、所有権がないなどの特徴を持ちます。

複合機をリースするメリットには何があるのか

複合機を購入するとなると高額な資金が必要になるので、銀行からの融資を受けなければならないケースもあります。業務に必要な機能が1台で集約してあるので、オフィス内に個別に設備を導入する必要もなくなるなどのメリットがあります。月々の支払い額は税務上認められた期間内であれば全額経費として計上が出来る、法定耐用年数より短い期間で設定が出来る事からも、償却期間の短縮にもなります。経費や償却期間の短縮は税金面で有利になる部分ですが、税金面以外にも固定資産に計上が行われないので財務比率を悪化させないなどのメリットもあります。さらに、月々一定の金額を支払う形になるので導入計画時が立てやすく、購入よりも契約手続きが迅速に行われるため、欲しい時に設備投資が出来るなどのメリットもあります。

複合機をリースした場合のデメリットとは?

導入コストが少ない、経費として全角形状が出来るなどの税金面でのメリットを持ちますが、リースの場合は原則中途解約が出来ない、総支払い額は設備機器の本体価格だけではなく、固定資産税や保険料、金利などが含んでいるので、一括購入と比較した場合、高額になるなどのデメリットがあります。中途解約を行う場合は、残金を一括で支払う必要があり、契約期間が多く残っているほど、その返済額が大きくなるので実質中途契約が出来ないのです。購入した場合は会社の資産として計上する事が出来ますが、設備はあくまでも借り物であるため所有権がないなどのデメリットもあります。但し、契約期間が満了となり、そのあと設備を返却せずに買い上げを行った時には利用している人や会社への所有権が渡される事になります。