複合機のリースにおけるトラブル例

複合機のリースでは思わぬトラブルが起こったりします。機械が相手なのでいつ何が起きても不思議ではありません。突然エラーが出てしまった時はどうしたら良いのか焦る時もあるでしょう。それが自分の手に負えないことでしたらなおさら面倒に感じられることもあります。修理の電話を入れればすぐに対応してくれるというところもありますが、トラブルはそれだけで解決しないこともあるのです。たとえばトナーがなくなった時は替えのものが届かない限り使えなくなってしまいます。普通はなくなっても困らないように予備が用意されていたりしますが怠慢な業者だと怠ることもあるのです。修理を受託している業者にも事情がありますから様々なトラブルが出ることもあります。どのようなトラブルがあるのかを知っておくことも大事です。

トナーが切れた時の対応が遅れたトラブル例

複合機のリースの関係で頻繁に起こることとして、トナーがいきなり空っぽになってしまい、別のものが来るまで全く進められなくなってしまったというトラブル例があります。順調にプリントできていたと思ったら突如としてトナー切れが発生して、そのまま動きが停止してしまうのです。トナーの替えを頼んでも郵送などの時間が結構かかるそうで、印刷が必要な業務が全くできなくなってしまいます。プリントするためにはトナーという使い捨てのインクが欠かせません。カウンター保守契約では料金に組み込まれているので、別に費用はかかりません。普通の修理会社では利用者の事情を考慮して予備トナーを準備しておくのですが、おろそかにしてしまう会社もいるのです。近頃はネット回線を使用して複合機の様子を遠くの場所でもわかる仕組みを取り入れているため、トナー残量をあらかじめ知っておいて、空っぽになる前に届けるようにしている会社もあります。

休日の故障で修理がすぐできないトラブル例

複合機のリースでは、壊れた時に修理したが数日かかってしまったというトラブル例もあります。休みの日に出社した社員が使用していましたが、その際にエラーが表示されて、動かせなくなりました。修理を電話で申し込んだのですが休みだったため、平日でないと駄目ということで、実際に使用できるまで数日かかってしまったのです。修理する専門家が個人事業主であった場合に、レスポンスが遅れてしまう事例であるといえます。販売した店が自主的に保守を行うことはなく、あまり知られていない保守の専門家が修理などをすることがあるのです。都会ではないところだと委託された業者が保守を担当することがあります。その業者が休みの日には対応できない業務があるので、気をつけなければなりません。エラーが出たり、詰まったりするのは容易な手直しで対応できたりします。修理業者に来てもらうことが必要でなければ、自ら直せるかどうか尋ねてみるという方法もあるのです。