リースした複合機の中途解約について

複合機にはコピー機能を初め、ファックス機能、プリンター機能、そしてスキャナー機能など1台で複数の機能を持つなどの特徴があります。通常、コピー機を導入し、外部への通信としてファックスを導入する。パソコンからの印刷はプリンターを利用し、紙文書をデータ化する場合にはスキャナーを用意する必要があります。それぞれのOA機器を導入するとなると、費用が多く掛かる、オフィス内にこれらの設備を導入した場合、設置場所を考えなければなりません。しかし、4つの機能を持つ複合機を導入すれば、経費を削減する事が出来る他、設置スペースを考える必要がなくなるなどのメリットにも繋がって来るなど、1台で業務に必要な機能を得る事が出来るなどのメリットを持つなどの理由からも、導入を考える企業が多くなっています。

導入時のコストを最小限に抑える効果を持ちます

オフィスに4つの機能を持つ製品を導入すれば、設置スペースを少なく出来る、個別にOA機器を導入するとなると、メンテナンス費用がそれぞれの製品にかかる事になるので、経費が多くかかるケースもあります。しかし、数百万円もする設備をオフィスの中に導入するとなると、銀行からの融資を受けなければならない事もありますし、近日中に導入をしなければならない場合、融資の審査が下りるまで待つのが難しいケースもあります。銀行からの融資を受ける場合、審査に時間が掛かるので、すぐに導入が出来ない事もあります。その点、リース契約であれば短期間で審査が行われ、利用の可否が解りますし、リースの場合は月額費用を支払って導入が出来るので、導入コストを抑える事が出来るなどのメリットがあります。

リース契約は中途解約を行う事も出来ますが

複合機を導入する選択肢の一つとしてリース契約を結んで導入する方法があります。この契約方法は分割払いで複合機を導入する方法で、月々決められた金額を支払って行けば良いので、一括で支払うのと異なり経費を節約出来るなどのメリットもあります。また、利用している中で使わなくなった場合は中途解約を行う事も出来ます。但し、中途解約を行う場合は残金を一括で支払わなければならないため注意が必要です。この契約方法はサービスを提供する会社から言っていの金額で製品を借りているものであり、支払いが完了すれば買い上げを行って資産として計上する事も出来ますし、新しい製品と交換する事も出来ます。しかし、中途解約を行った場合は、残金の支払いが必要になるので、解約を行うタイミングが契約を行って間もない時期などでは高額な費用が必要になる事もあるので注意が必要です。